声かけ
相変わらず苦しい状況が続いておりますが
とにかく私たちにできることを…というわけで、
茶目子にできる限り声をかけてやることにしました。

というのも、「犬と話ができる」という本をご紹介いただいたのです。
本屋には売っていなかったので、ネットでいろいろと調べてみると
「犬はきちんと人間の言葉を理解している」という前提で
色々なエピソードやら実例が紹介されているような内容らしい。
何か原因があって問題行動を起こしているワンコでも、
きちんと納得できるように飼い主が説明してやったり、声をかけてやったりすることで
状態が良くなることがあるのだそうです。

コトの真偽がどうか、ということについては、私にはなんとも言えません。

でも、私は今まで、こんなに「茶目子を愛しているんです!」と
ブログには書きながら、それを声に出して茶目子に言ってやったことが
ほとんどなかったことに思い至りました。

ひょっとして、茶目子、気づいてないのかな…
お留守番時間が長いから、自分は「要らない子」だと思っているのかも…

そう思い始めると、たまらなく切ない気分になってしまう、単純な私(笑)

昨日から始めたばかりですが、当分の間、ガウガウ言われながらも
いかに茶目子が大切な存在なのか、熱く口説いてみたいと思います。
迷惑かも…?(^^ゞ

f0012054_19345414.jpg


階段をあがったところで首つり状態(^^;
つい2週間前の茶目子です。
今は、こんなふうに私たちの前でリラックスして寝てくれません(涙)
[PR]
by cc89818 | 2006-10-18 19:37 | 茶目子の生活
<< 休日 ありがとうございますm(__)m >>