そしたまた、新たな悩み…
2週間ほど前から、食後に唸ったり吠えたりするようになっていました。
はじめは、「きゅ~ん」というような甘え声で鳴いているだけのように見えたのですが
どうしたのかと思ってうっかりケージに近づくと、吠えかかってくるのです。
そういう状況が、日を追うごとにひどくなってきて、どうしたものかと思っていました。
ちょうど、歯がグラグラし始めた時期とぴったり合っていたので
歯が気持ち悪いせいもあったのだと思いますが、
明らかに飼い主を「威嚇」しているその態度は、そのまま見過ごす訳にはいきません。

…というわけで、ネットであれこれ検索してみました。
そうすると、意外にも同じように、食後に飼い主を威嚇する、という悩みを持つ人が
たくさん見つかりました。
なぜ食後なのか、どういう意味があるのか、を明確に答えてくれているサイトは
ありませんでしたが、どうやら「群れのリーダーになりたい」という意識が
強くなってきているらしいことは、明らかだと思われました。
う~ん。
今まで、しつけのことも、さんざん調べ、考え、いろんなことをしてきたのに…
と、くよくよしていても仕方ないので(立ち直りはやっ!(笑))
威嚇するのが食後だけである今のうちに、いくつか対策を講じることに。

まずは、食餌の環境です。
今まで、ご飯の前には「ハウス」のコマンドとともにケージに入ることを
習慣づけ、ケージの中に食器を置いて食べさせていたのですが
その方法は、犬のなわばり意識と所有欲を高めていることがわかりました。
そこで、ご飯は敢えてケージの外でやることにしました。
今は、リビングやダイニングや、毎回異なった場所で与えています。

こうするようになってから、茶目子が、あきらかに「食べ物」に対してのみ
強くこだわっていることがはっきりしてきました。
なぜなら、それまでは食後にそのままケージの中に座っていて
ケージに近づくと吠えていたのが、
ケージの外で食べた後は、ケージではなく、まるで食器を守るように
食器のすぐ近くに座り込んでいるのです。
その状態で茶目子の身体に触れると、以前のようにあからさまに吠えかかってはきませんが
身体を固くして明らかに緊張しているのがわかります。
以前食後に噛みついてきたときに、2度ほどかなりきつく叱ったので
今は吠えたり噛んだりはしませんが、まだ、本人も納得できていないのだと思います。
ただし、身体を触られて怒るのは、食餌の後のみです。
食後しばらくそうやって緊張していますが、その後は自分から甘えてきて
いつもどおりの茶目子に戻っていきます。
いつもの茶目子は、触りすぎると時には怒ることもありますが
だいたいいつも、頭をなでるだけで自分からお腹を見せてしまうような
無防備きわまりないヤツなのです(^^;

今後は、ケージの外での食餌を続けながら、少しずつ食後に身体に触れ、
威嚇せずに我慢できればほめる、というのを繰り返し、
あとは、今まで通り、コマンドに従わせるトレーニングを続けていこうと考えています。
きっと今、茶目子は難しいお年頃なんでしょうね。
なぜ飼い主を攻撃したくなっちゃうのか、自分でもわからなくて
威嚇しながら「きゅんきゅん」鳴いていたのかもしれません。
そう考えると、飼い主として、しっかり頼れるリーダーになってやれていなかったことが
情けなくもあります。茶目子に不要なストレスを与えないためにも、
ちょっとがんばってみようと思っています。

f0012054_1751718.jpg


食後しばらく、食器に残したフードを守るように座っています。
だったら残さず全部食べろ~!とも思いますが(笑)

[PR]
by cc89818 | 2005-12-29 17:54 | 茶目子の生活
<< あけましておめでとうございます 散歩 >>